×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手芸・クラフト―洋裁

おけいこ着・水屋着―かんたんソーイング (茶の湯手づくりBOOK): 木村 幸夫 淡交社編集局 ちい茶な会: 本

PR
ブラウズ

おけいこ着・水屋着―かんたんソーイング (茶の湯手づくりBOOK)

おけいこ着・水屋着―かんたんソーイング (茶の湯手づくりBOOK)

内容(「BOOK」データベースより)

洋服の上から簡単に着脱できるおけいこ着や、お茶会などのときに役立つ水屋のエプロンを、好みの生地でつくってみませんか。ふだんに使うおけいこ着や水屋着こそ、気に入ったものを身につけたいもの。本書は、基本のおけいこ着(袖のある上着・半幅帯式・裾除け風)をはじめ、ほぼ直線裁ちのものばかり、10数種を掲載。年代の幅も広く着られます。手縫い派・ミシン派、どちらにも対応。

内容(「MARC」データベースより)

洋服の上から簡単に着脱できるおけいこ着や、お茶会などのときに役立つ水屋のエプロン10数種の作り方がよくわかる。ほぼ直線裁ちで、手縫い派・ミシン派どちらにも対応。〈平綴じ〉

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

木村 幸夫
一衣舎。創作的仕立を得意とする一級和裁技能士。古いきものを現代に再生させる技には定評がある。『布を見立てる 布を創る』をテーマとして、天然素材を中心に、絹、とくに野蚕にこだわりながら、洗える素材を開発するなど、現代に合ったきものの在り方を提案している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)