×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手芸・クラフト―洋裁

アイテム別基礎作図集―文化式原型をやさしく解説した: 笠井 フジノ: 本

PR
ブラウズ

アイテム別基礎作図集―文化式原型をやさしく解説した

アイテム別基礎作図集―文化式原型をやさしく解説した

出版社/著者からの内容紹介

体位の向上に伴って変化した女性の体型に、より合うように考え
られた文化式の新原型。従来の原型から大幅な変更が加えられているため、
2000年に発表されて以来、作図例を述べた本が待ち望まれていました。
これは、十数年間にわたる新原型研究の中心的存在だった著者による待望の書で
す。ブラウス、ワンピース、ジャケット、コートの基礎的なデザインを例に、
20点紹介します。9サイズの実物大婦人原型型紙つき。

内容(「BOOK」データベースより)

新原型には、肩ダーツ、胸ぐせダーツ、ウエストダーツが入っています。ダーツの展開の仕方を、ブラウス、ワンピース、ジャケット、コートの各アイテムの基本的デザインを例に、わかりやすく解説しました。

内容(「MARC」データベースより)

平面作図の元型として長年使われてきた「文化式原型」の新原型「文化式原型成人女子用」を紹介。ダーツの展開の仕方を、ブラウス、ワンピース、ジャケット、コートの各アイテムの基本的デザインを例に、わかりやすく解説する。〈型紙付き〉

出版社からのコメント

実物大原型は付属していますが、巻頭では原型の特徴、かき
方、基本操作を出し、次にオーソドックスなデザインの作図を紹介しました。細
部まで研究された原型の使い方をこの本でマスターしてください。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

笠井 フジノ
文化服装学院卒業後、長年にわたり母校で教鞭をとる。『ミセスのスタイルブック』をはじめ、婦人雑誌で作品を発表。特に工夫のある技術解説は定評がある。十数年間にわたる文化式原型の研究の中心的存在となり、2000年に新原型が発表された。現在、文化・服装形態機能研究所所長。文化服装学院専任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

ブラウス作図の場合の原型(胸ぐせを脇ダーツに移動した基本ブラウス
胸ぐせをウエストダーツに展開したシャツ ほか)
ワンピースドレス作図の場合の原型(胸ぐせを脇に移動したベーシックなワンピースドレス
胸ぐせを斜めのダーツ1本にまとめたワンピースドレス ほか)
ジャケット作図の場合の原型(胸ぐせをウエストダーツに移動したジャケット
胸ぐせを切替えのデザイン線に入れたジャケット ほか)
コート作図の場合の原型(胸ぐせをパネルラインに入れたコート
胸ぐせを裾に展開したコート ほか)