×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手芸・クラフト―洋裁

帯でBag: 大泉 睦子: 本

PR
ブラウズ

帯でBag

帯でBag

出版社/著者からの内容紹介

帯地の風合い、色合い、折りの美しさを生かしたバッグばかり。毎日の通勤や買い物など、普段の生活の中で役立つ形、丈夫さ、機能もプロの目で十分考えました。全て作り方つき。

内容(「BOOK」データベースより)

帯好き+きもの好き+バッグ好き=ちょっと個性的な普通のバッグ。

内容(「MARC」データベースより)

帯地の風合い、色合い、織りの美しさを生かしたバッグを全て作り方付きで紹介。毎日の通勤や買い物など、普段の生活の中で役立つ形、丈夫さ、機能もプロの目で十分考えました。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大泉 睦子
1951年北海道生れ。東京のインテリア専門学校を卒業、店舗デザイン事務所勤務。バッグデザインに方向を変えバッグメーカーに勤務。その後フリーとなり、数社のバッグデザイン、バッグショップのウィンドーディスプレーなどの仕事をする。1995年より独学で帯を使ったバッグの制作を始める。以後、年に1、2回の個展、作品展を開いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

簡単に縫って作る小さな袋
帯の耳を生かした、平たい形
丸い持ち手は買う?作る?
夏帯で。ポーチも添えて
夏帯ならではの涼感が
半幅帯でミニショルダー
格子柄の横長ショルダー
帯地をぴりっと部分使い
柄と無地は相性ぴったり
個性的な柄は絵を持つ気分〔ほか〕