×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手芸・クラフト―洋裁

型紙いらずの着物リメイク・ドレス―ほどいて、折って、まっすぐ縫うだけ!: 松下 純子: 本

PR
ブラウズ

型紙いらずの着物リメイク・ドレス―ほどいて、折って、まっすぐ縫うだけ!

型紙いらずの着物リメイク・ドレス―ほどいて、折って、まっすぐ縫うだけ!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松下 純子
1974年生まれ。神戸出身、大阪府在住。文学部を卒業後、水着パタンナーとして就職。2005年にWrap Around R.(ラップアラウンドローブ)を立ち上げ「着物の幅をいかしたエコロジカルな服づくり」というコンセプトで着物リメイクドレスを発表する。現在、築80年の町家を改造し、アトリエ兼ショールームとして活用。アトリエ名はRojiroom(ロジルーム)。展示会やイベント参加のニュースはホームページで随時発表。着物リメイクローブや、着物に合うオリジナル割烹着などもネット上で販売している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

シンプルなすらりローブ
すっごくカンタン!あわせローブ
肩のプリーツが可愛いひらりローブ
たおやかなフォルムのおりめローブ
前ボタンで印象が変わるひらきローブ
で着るラップスカート
ロマンチックなバルーンスカート
少しの着物地でできるギャザーキャミソール
ガウンにもドレスコートにもなるきものローブ
浴衣で作るつぼみローブ
浴衣で作るむすびローブ
余った布で小物やアクセサリーを作る