×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手芸・クラフト―洋裁

そのまま着ても、重ねて着てもワンピース: 茅木 真知子: 本

PR
ブラウズ

そのまま着ても、重ねて着てもワンピース

そのまま着ても、重ねて着てもワンピース

内容紹介

重ね着が流行でなく、定着しているこの頃なので、1枚でもいいし、重ねて着てもいいワンピースやチュニック、コートドレス。ファスナーやボタンあきがなくて作りやすいものが多いけれど、簡単そうに見えないデザインです。

内容(「BOOK」データベースより)

ワンピースやチュニック、コートドレス…作りやすい20点を3サイズのパターンつきで紹介。

著者について

九州生れの東京育ち。みずがめ座、AB型。文化出版局「装苑」編集部を経てフリーランスのスタイリストとなる。
1992年よりソーイングブックを発表。シンプルでさり気なく、それでいてどこか甘さを秘めた茅木真知子スタイルがソーイングファンを魅了する。'95年には布地の店[pindotピンドット]を東京・西荻窪にオープン。ソーイングブックで使用した布、ビンテージのファブリック、ボタン、ハンカチなどを求めて多くのファンが通う。著書『水玉のソーイング』『好きな布で作る服』『私の好きなシャツスタイル』(いずれも文化出版局刊)ほか

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

茅木 真知子
九州生れの東京育ち。文化出版局「装苑」編集部を経てフリーランスのスタイリストとなる。1992年よりソーイングブックを発表。シンプルでさり気なく、それでいてどこか甘さを秘めた茅木真知子スタイルがソーイングファンを魅了する。’95年には布地の店pindot(ピンドット)を東京・西荻窪にオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

リネンにレースをプラスして
半袖のゆったりワンピース
ギンガムチェックのシャツドレス
ポルカドットのチュニック
刺繍の布を使って
ストライプのシャツドレス
ゴムシャーリングでふんわりと
やわらかいダブルガーゼで
7分袖のシャツドレス
フリルをたくさんつけて〔ほか〕